一般社団法人日本ファミリーナビゲーター協会(ファミナビ協会)は、これまでの子育て支援の枠組みだけでは解決できなかった夫婦問題や子育て問題は家族の関係性によるものだと考えています。

もっとも身近な社会は『家族』です。
そして、人間関係の最小単位は『夫婦』です。

この考えのもと、「夫婦の関係づくり」や「家族の土台づくり」を進めることにより、家族の関係をよくし、チームとして子育てができる環境をつくることで子どもたちにもよい影響をおよぼし子どもたちは健やかに成長することができます。

広い世界の中でご縁があって家族になった人たち。たまたま出会った人ですが、どこかで違う選択をしていたら会うこともなく、家族になることもなかったかもしれません。それぞれ別々の人生を歩んできた人たちがたまたま出会って家族になっていく。せっかく家族になるのなら「ステキな家族」にしたいと思いませんか。そのために私たちファミナビ協会は、多様性の時代にあったそれぞれのステージにおけるパートナーシップの構築や持続可能な家族を創るサポートを行い、すべての人が幸せな人生をおくれる社会を創りたいと願っています。